スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢い

涙が止まらない・・・。

今、インターネット放送局WorldNet.TV(当時しぶたまTVNet魂)で、2006年に津久井さんが渋谷魂&トーク番組に出演していただいた時の過去映像が観れるようになってます。

↓↓
コチラ

この映像を見ながら・・・色々なことを思い出して・・・涙が止まらない。

1993年・・・私と双子の妹が“音楽をやりたい!”と決めた年。
中学2年生だった。
classの【夏の日の1993】がヒットした年。

この曲は私に大きな転機をくれた曲だった。
“音楽活動をしたい”と決めた私たちは・・・あのハーモニーに感動し、2人で練習を重ね、オーディションを受けた。
オーディションは見事合格。

この曲から私の音楽人生が始まった。

ソニーと契約を結ぶ切っ掛けになった歌だった。
その後、ソニーを円満退社。

1年半後、しぶたまのBOSS“康記さん”と知人の紹介で出逢った。

私は妹とソロ活動を始めて・・・2000年6月、四谷天窓での初のバースデーワンマンを控えていた。
BOSSと出逢うまで、ライヴというものをやったことなかった私は・・・双子でのソロ活動を機に“ワンマンライヴ”を決めた。

BOSSに自分の経歴と共に“夏の1993”は私にとって大切な曲なんです!っという話を何度もしてた(笑)
【いつか・・・共演したい!!】っと・・・ホントしつこく言ってた(笑)

そしたら・・・BOSS“だったら・・・本人をゲストに呼ぼうか?”
私・・・“えっ?マジですか??”信じられなかった。

当日・・・本当に津久井さんが来てくれたのですっ☆☆
“ど~も!今日はよろしくねぇ~!!”っと緊張している私を明るい声でリラックスさせてくれた。

思わず・・・“夏の日の1993”は私にとって本当に思い入れのある曲なんですっ!!っと言ってしまったのを覚えている(笑)

本番・・・ゲストである津久井さんのステージに私を呼んでくれた。
MCで“みんなも知ってるあの曲を歌おうかなぁ~”っと・・・。
私は・・・“本物の歌が聴ける~♪”っという気持ちでステージにかぶりつきだったんだけど、その時に津久井さん・・・“せっかくだからポンちゃんも一緒に歌おうよ~!!”っと・・・ステージに私を呼んでくれたのです。

この曲は、ハモリもバッチリ覚えていたので、ドキドキと嬉しさの中で一緒に歌わせて頂きました☆

今でも忘れられないセッションです。
そして、今でも妹とカラオケに行くと必ず歌う曲☆

その後、津久井さんとは何度かライヴやトーク番組で共演させて頂きました。

津久井さんが命をかけて教えてくれたこと・・・
音楽の楽しさ、音楽の力、そして人との出逢いを大切にすること。

私に音楽と出逢わせてくれたことに感謝します。
津久井さん本当にありがとうございました。

これからも心に届く音楽を歌っていきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

ポン吉こと上窪由加利

Author:ポン吉こと上窪由加利
名古屋出身シンガーソングライター

アクセス解析

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。